CQGTrader 最初の設定をしてみましょう

CQGTraderのインストール完了後、以下設定を最低限しておくと使用に便利です。

詳細設定の方法はユーザーガイドをご参照ください。

 

1. ログイン後、ウィンドウの右上にある「セットアップ→設定」を選択します。

 

2. 注文&建玉設定

銘柄設定 - 発注枚数のソフトリミットの設定をしましょう。

(注)ソフトリミットとは枚数の制限となりますが、制限を超えた場合に警告がでます。警告後、発注をすることができます。反対にハードリミットの制限を超えた場合、発注をすることができません。

デフォルトは1となっておりますので、一回あたりに発注ができる枚数の「最大注文数量」と保持できる「最大建玉数」を設定します。

[全ての口座初期設定]では全口座の初期値を、[口座の初期設定]では現在の口座の設定(この場合は口座名:SIMkenacct1)、また各銘柄の設定が可能です。

 

新規・決済注文の区別について

ウィンドウ右下にある新規決済の方法を決めます。海外では当日の約定を優先して決済しますが、日本では後者の設定が一般的です。

 

3. 画面設定

注文画面の設定 - 買いコラムの場所

買いコラムの位置を左もしくは右か選択します。日本のお取引ですと右側が一般的です。

 

注文と建玉の設定 - 評価損益の計算通貨

JPY(日本円)に設定を変更をします。

 

4. 注文発注

発注ウィンドウの選択

発注にドムトレーダーもしくはオーダーチケットを使用するか選択をします。

 

注文発注方法

ドムトレーダー選択時には、ワンクリック注文を有効にすると確認画面の表示なしで発注できるため便利です。

 

5. 銘柄情報表示

銘柄ビュースタイル

価格表示を4本値等が見えるボード形式(銘柄ボード)か、様々なデータが表示できるエクセルのようなシート(銘柄スプレッドシート)か選択ができます。

 

6. 通知

購買力

取引の購買力を表示させるか選択ができます。手動のアップデートの場合は、PCへの負荷を軽くすることができます。