スタディ

テクニカル・スタディは取引を行ううえでは大変重要な役割を持っています。スタディから得られる情報はマーケットの方向性を決め取引を行うタイミングに役立ちます。CQGではグラフィッククオリティとスタディ・アプリの使いやすさの観点より弊社スタンダードを設けております。

100以上のスタディをご提供し、その中にはCQGだけでしか利用ができないものもございます。またトレーダーのご要望で新しいスタディも追加しております。


スタンダード・スタディ

  • アキュムレーション/ディストリビューション
  • ASI(Accumulative Swing Index)
  • 適応移動平均
  • 平均方向性指数(ADX)
  • 平均トゥルーレンジ
  • Bollinger Difference
  • ボリンジャーバンドR
  • Candlestick Formations
  • チャネル(Channel)
  • チャート多重表示
  • コモディティ・チャネル・インデックス(CCI)
  • Congestion Count
  • Correlation
  • Delta Contours
  • ディレクショナル・ムーブメント
  • Divergence Index
  • DMI Difference
  • エンベロープ・チャネル
  • External Data
  • Fan Line Studies
  • Fancy On-Balance Volume
  • フィボナッチ・エクステンション
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • ヒストリカル・ボラティリティ(歴史的変動率)
  • 一目均衡表
  • インプライド・ボラティリティ(予想変動率)
  • ロウソク足
  • ケルトナーズ・チャンネル
  • Missing Bar Count
  • モメンタム
  • 移動平均
  • MACD
  • 移動平均クロス
  • Moving Linear Regression
  • Moving Linear Regression R-Squared
  • OBV(オン・バランス・ボリューム)
  • 取組高(オープンインタレスト)
  • 注文表示
  • オシレータ
  • オシレータ・クロス
  • オシレータ1-オシレータ2
  • オシレータ - オシレータの移動平均
  • パラボリック
  • パーセント
  • ROC(Rate of Change)
  • Reciprocal
  • RSI(相対力指数)
  • リバーサル
  • ストキャスティクス
  • Tick Volume
  • Triple Exponential
  • ボラティリティ
  • ボラティリティ・ストップ
  • ボラティリティ・システム
  • 出来高
  • 出来高と取組高
  • Volume Profile
  • VWAP(Volume-Weighted Average Price )

カスタム・スタディ

シンプルかつ使い勝手のいい自分のインディケーターを利用し、CQG カスタムスタディがユーザー自身の取引アイデアを実現します。

カスタムスタディの作成では、エディターを使用しフォーミュラボタンをクリックしカスタムスタディを選択をします。スタンダード・スタディ、カスタムスタディ、バー値、コンディション、ユーザー値、トレーディングシステム(バックテスト)のどのデータでも使用してカスタムスタディのベースすることができます。


  • Absolute Value
  • Bar Index
  • Bars Since
  • Ceiling
  • Event Offset
  • Exponential
  • Floor
  • Happen Within
  • Has Value
  • High/Low/First
  • High Level
  • Low Level
  • Natural Log
  • Peak
  • Power
  • Round
  • Sample
  • Sign
  • Square Root
  • Square Root Deviation
  • Standard Deviation
  • Summation
  • Trig Function - Cosine/Arc Cosine
  • Trig Function - Sine/Arc Sine
  • Trig Function - Tangent/Arc Tangent
  • Trig Function - Tangent2/Arc Tangent2
  • Market Profile
  • User-definable Time Frames
  • Spread Profiles
  • Split and Combined Profiles
  • Liquidity Data Bank (LDB)
  • Volume Profile
  • CME Volume Analysis
  • Tick Volume Profile

サードパーティスタディ

CQGでは自社よりすでに広範囲をカバーできる分析ツールをご提供をしておりますが、より専門エリアにフォーカスできる分析ツールを使って補完することができます。オプショナルとなりますが、トレーディングの分野ではとても有名なサービスをアドオンとして追加することができます。

ATM Studies トレーダーは直感的な独自のスタディと積極的な資金管理の技術のサポートとともに取引の機会をモニターできます。ATM Entry ZoneやATM 支持線・抵抗線を含めた17のスタディがあります。
Capital Flow Software Peter J. SteidlmayerによるCapFlowはMarket Profileデータベースの整理と表示に柔軟性を持ちます。CQGからのDDEリンクにより最もクリーンなデータを取得できるためCapFlowは大きな優位性を持ちます。
CHL Distribution  
DiNapoli Indicators DiNapoli スタディは実践向きかつ比類ないアプリケーションであり、フィボナッチ分析やトレンド分析、そして買われ過ぎ・売られ過ぎのコンディションに対応します。4つのディナポリのスタディをご提供しています。そのうちの二つは、DiNapoli Retrace と Expansionであり、驚くほどの正確さをもってマーケットのターニングポイントを見つけるようにデザインされています。3つ目のインディケーターはOscillator Predictorです。一つのバーの手前にて表示され、買われすぎ・売られすぎのコンディション計算に使用される比類なき予測対応のできるボラティリティバンドです。4つ目は予測対応を行うトレンドツールのDiNapoli MACD Predictorです。このインディケーターはまさに先駆けとなるツールです。どのツールもどの時間枠、カーブのない流動性のある市場、どんなところにでも使えます。
Kase StatWareR Cynthia Kaseにて開発され、このインディケーターは3つの主な取引のファンクション -新規発注、資金管理、決済- の管理に役立ちます。8つのスタディがご使用できます。
Profitunity Indicators by Dr. Bill Williams Trading Chaos and New Trading Dimensionsの著者であるDr. Williamsが手がけ、Profitunity Trading Groupの独自のインディケーターです。7つのスタディがあり、Williamsの市場に対する5次元のアプローチが使用できます。
Security Market Research (SMR) SMRは35年の間チャートサービスを提供してきました。当日のマーケットが閉じた際のアドバイザーの未決済建玉を反映した先物の市場感の日時のトラッキングを知ることができます。9つのスタディがあります。
Shaun Downey Studies CQGのテクニカル分析のスペシャリストのShaun Downeyが彼の著書Trading Time(2007)にある28のスタディを提供します。スイング理論・トレイリングストップ・トレンドコレクションの新しいコンセプトを学ぶことにより、Downeyの30年に渡る経験の恩恵を受けることができます。
Supplemental 市場感に興味があればBullish ConsensusR(1964年開始)にアクセスすることができます。当日のマーケットが閉じた際のアドバイザーの未決済建玉を反映した先物の市場感の日時のトラッキングを知ることができます。
The DeMark IndicatorsR New Science of Technical Analysis and New Market Timing Techniquesの著書であるTom DeMarkが提供をし、いつでもほぼ全ての市場のローリスク・ハイリスクのゾーンを見分けることができます。17以上のスタディを使用できます。