CQG Integrated Client 2015 最新情報

CQG Integrated Client(CQG IC)のバージョン2015にて以下の新機能と強化の更新がされました。

CQG ICのダウンロード

CQG ICの2週間トライアルのお申し込み


CQG Auto Trader

CQG Auto TraderはCQG Integrated Clientをベースに稼動する自動売買システムです。取引のストラテジー対応とバックテスティングがコアとなり自動対応します。Auto Traderを使用して、高速かつシステム的に自動発注をすることにより取引サイクルを完結させます

 

Enhanced Order Routing Interfaces - 発注画面の強化

SnapTrader がFXの取引インターフェイスに似た形にアップデートされ、大きな買・売のボタンの表記となりました。CQGではFXのデータだけではなくお取引も可能になったため、FXトレーダーのための新しい板画面をご用意いたしました。

 

Upgraded Formula Builder - Formula Builderの刷新

Watch Video >>

Formula Builder が新しくデザインしなおされ、フローをより簡易にさせました。複数の機能の場所が変更されており、新しい設定が追加されました。

 

UDS Orders - User Defined Strategy ユーザーによるストラテジー作成対応

Watch Video >>

CQGではUser-Defined Strategies(ユーザーによって作成できるストラテジー)をサポートをします。UDSではシステム的にオプションのスプレッド・ストラテジーを作成します。対応する取引所はCQGサポートまでご確認ください。

 

Volume Profile Changes - ボリュームプロファイル の変更

Watch Video >>

Volume Profile スタディの新しい機能で市場参加者の動向をよりわかりやすくしました。売・買別の出来高を表示できるようになりましたので、よりわかりやすい出来高の散布状況が取得できるようになりました。

 

CQG Version 2015におけるその他アップデート

Trading Enhancements - トレーディング機能の強化

  • DOMTrader(板画面)とOrder Ticketのコラム(買、売、価格、出来高)のデザインが見直されました。
  • Trading Preferences(設定)において、DOMTraderとOrder Ticketの平均約定価格がハイライトされるかのオン・オフの設定ができるようになりました。
  • Spread Matrix と Spread Pyramid のWorking Ordersのウィンドウにて枚数・価格の訂正ができるようになりました。また情報アイコンも追加され、情報アイコンより注文の詳細を確認することができます。
  • SnapTrader の色が設定がTrading Preference(取引設定)の売りと買いの色に連携されるようになりました。また以下表記の変更をしました。
    TAKE OFFER から BUY OFFERへ
    JOIN BID から BUY BIDへ
    JOIN OFFER から SELL OFFERへ
    HIT BID から SELL BIDへ
  • Order Book にてWorking OrderのDuration(期間)が表示されます。
  • Trading Preferencesの初期設定が更新されました。
    直近値のシークエンスの表示がデフォルトとなりました。
    買気配と売気配の間のスプレッドがデフォルトでハイライト表示されます。
    ウォーターマークの表示がデフォルトとなりました。
    OTEの表示用にOTE & PLがデフォルトの選択となりました。

 

Charting Enhancements - チャート機能の強化

  • Fill Gapのパラメータが平均足チャートに追加されました。
  • チャートを右クリックした際に、チャート画像の保存・送信のオプションが追加されました。
  • チャートのTabular DisplayがPrice Settingsに反映されるようになりました。前バージョンまではTabular Displayは小数点表示のみ(Decimals Only)でした。
  • Order Displayスタディにおいて、訂正メッセージが5回が表示され、その後は出ないようになりました。これにより注文をクリックしたりドラッグして注文訂正を繰り返す際の妨げとならないようになりました。
  • Specify Conditionウィンドウとその他のウィドウの間を動かせるようになりました。前バージョンでは、Specify Conditionウィンドウを閉じてから出なくてはその他のウィンドウ対応ができませんでした。

 

Performance Improvements  - パフォーマンスの向上

  • 以下ウィンドウにタブ表示がされるようになりました - Custom QuoteBoard, Enhanced Quote SpreadSheet, Last/Net Change, Market Watch, Options Window, Quote SpreadSheet, Quote Board, SnapQuote, Time & Sales
  • Strategy Analysis ウィンドウにてスプリットバーをドラッグすることによりテーブルとグラフのエリアのサイズを変更できるようになりました。
  • SnapQuote表示にてP CONTR OI (前銘柄のOpen Interest)を追加しました。

 

Topに戻る